「札幌市防災アプリ」の使い方

このアプリのご紹介

「札幌市防災アプリ」ダウンロードいただき、ありがとうございます。「札幌市防災アプリ(愛称:そなえ)」は、平時からのリスクコミュニケーションとして、様々な災害に対する防災教育、市内の災害別ハザード情報、災害別避難所情報、避難勧告や気象警報等発令などの災害情報のプッシュ配信等でお知らせするなど、アプリ利用者にとって平時、災害発災時に役立つ情報をより早く、簡単に入手することが可能なアプリです。ぜひ、ご活用ください。
なお、本アプリによる外部リンク先においては、それぞれの利用条件を遵守の上、ご利用ください。

全体メニュー

【安否確認】
 発災時に家族、友人などの安否確認情報サイト(外部サイト)へリンクします。

【防災学習】
 日ごろから減災・防災における心構えや、防災教育に関する情報を掲載しています。
 防災指導者の方と一緒に学習が可能です。

【リンク 】
 災害、医療、防災など情報サイト(外部サイト)へリンクします。

【ハザードマップ】
 札幌市における区別におけるハザードマップを掲載しています。

【避難場所】
 札幌市における現在地近辺の避難所がマップ上や空間で探せます。

【天  気】
 気象庁における天気情報サイト(外部サイト)へリンクします。

【位置通知】
 いざという時、SOSボタンをおすだけで、あらかじめ設定した家族の方などへ、ご自身の状況(メッセージ選択)、居場所(マップ)を自動メールにて伝えます。

【緊急情報】
 札幌市の防災情報がプッシュ通知にて受信できます。

【危険度体験】
 札幌市内の各場所の洪水、土砂ハザードの危険度の情報が誰にでもわかりやすいようにアニメーションで体験することができます。

防災教育

防災学習アイコンから災害シュミレーションを選択すると、一つのサンプルとして、地震時の本棚が倒れる様子が体験できます。その他の災害シミュレーションも防災指導者より案内があります。

ハザードマップ

ハザードマップのアイコンから災害種類を選択すると、対象となる地区のマップが表示されますので、ご自分が住んでる地区などを選択してください。表示される地図には、危険値の凡例が記載されています。
ハザードマップは各災害、各地区によりマップサイズが異なりますので、みたい場所のマップを指で拡大してみてください。

避難所

避難所のアイコンを押すと、現在地近辺の災害別や、災害に適応した避難所を見つけることができます。
マップに表示された避難所のアイコンをタップすると避難所名、住所、避難所種類を確認することができます。また、マップ上とともに、「空間にかざす」ボタンをタップすると、空間上に避難所が表示されます。日頃から、避難場所を知っておくことが大事です。

位置通知

災害や、事故にあった時、あらかじめ登録した家族のメールアドレスに状況メッセージや、現在の場所をマップで送信することができます。まずは家族の人たちのメールアドレスを登録しましょう。
アプリでは3つのメッセージから一つ選択できます。SOSボタンを押すとそのメッセージが送られます。ただし、緊急時のみに利用し、むやみに使うのはご遠慮ください。

危険度体験

札幌市内の現在地における「洪水」、「土砂」の危険度情報をそれぞれアニメーションで表示します。なお、各端末において、位置情報の誤差や、各データ取得に時間がかかる場合があります。

 GISとARにより空間情報を創造 
  
              GIS & AR For 
      Disaster Reduction
Powered by Flips