「石巻津波伝承AR」Ver1.2

本アプリは、東日本大震災における石巻の津波被害を当時の写真をもとに、「過去〜現在〜未来」へと震災を未来へ語り継ぐとともに、復興を願う「石巻津波伝承アプリ」です。

■対応端末 iPad2以降の端末、iPhone4S以降の端末、iPod touchは、一部、利用できない機能があります。
■対応OS   iOS6以降推奨
2014/09/27 Version1.2(端末言語切り替えによる英語版の追加、コンパス機能の追加、震災区分ボタン修正、クレジット文の語句修正)
2014/07/11 Version 1.1  
2014/02/27 Version 1.0 公開

■本アプリの機能(メニュー画面)
・石巻まちあるき
(過去〜現在〜未来)
・津波浸水実績AR
(東日本震災津波浸水実績)
・津波避難看板AR
(石巻からのメッセージ)
・萬画館AR
(石巻への応援メッセージ)
「石巻まちあるき」の機能
・震災当時の写真と写真情報及び、解説表示(画面右端の縦の青色部分を左にフリップ)
・画面上部のボタン切り替えにより、それぞれ震災後の写真、未来のまちなか
・画面下部のスライダーにより、当時の写真と現在を透過してまちなみ比較
・画面左下のボタンにより、音声メモをきいたり、その他の画像が閲覧
(各ボタンが高輝度の場合、データが存在)
・表示中の写真をタップすると全画面表示

「萬画館AR」の機能
・石巻で有名な「石ノ森漫画館」からのメッセージがきけます
(利用方法)
→石巻市の「石ノ森萬画館」近くの上空でiPhoneをかざしてください。
・萬画館から約200mくらいの距離で、先生方のイラストをタップしてください。
・先生のメッセージとアニメーションが開きます。
・萬画館からの距離が200m以上離れている場合は、先生方をタップしても、動作しません。



  ←左記のQRコードから読み取り





  Android (Ver1.0)のダウンロードはこちらをクリック

  ←左記のQRコードから読み取り


<利用にあたっての条件等>
本アプリは、GPSによるAR(拡張現実)及び、看板灯の画像認識によるARを利用したアプリです。
GPSは、ご利用の場所等の環境により、正常動作しない場合があります。
また、「津波浸水実績AR」においては、上記条件により、地形、浸水深メッシュデータの境目などにより異なる場合があります。
 GISとARにより空間情報を創造 
  
              GIS & AR For 
      Disaster Reduction

東日本大震災伝承アプリ

           2014/07/11 Version 1.1

  「津波浸水実績AR」の機能 
  (東日本大震災津波浸水実績)
石巻市内での津波の実績浸水深をイラストで
イメージできます。(石巻市内のみで利用)
目標に対し、5m先のところでカメラをあわせてください。

      「津波避難看板AR」の機能
 石巻市内の津波避難看板にかざせば
  語りメッセージ、当時の動画が再生
(石巻市立町1-3-29 未来サポート石巻
              の横に設置された看板)

(本アプリの問い合わせ先)
コンパクトシティいしのまき・街なか創生協議会 事務局
Tel 0225-25-5169

一般社団法人 みらいサポート石巻
Tel 0225-98-3691
Powered by Flips